【結核.com】〜腎結核・副腎結核〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kekkaku21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは腎結核と副腎結核という結核について、詳しく説明しています。

結核菌が尿路感染して発症するケースで腎結核になります。腎結核は症状がゆっくりと進行していき、次第に悪化していきます。症状が進行すると壊死した組織が乾酪化や空洞を作り、さらに尿道や暴行にも炎症が広がると、尿中に白血球が混入し無菌性濃尿が起こります。
尿管狭窄による水腎症や腎結石が形成され、併発することもあります。
症状は全身の倦怠感や食欲不振、水腎症による背中の痛みや、頻尿や排尿痛、残尿感などがあります。治療は肺結核に準じて抗結核剤を用いた化学療法が取られます。

副腎は腎臓の上部に位置するホルモンを分泌する内分泌器官で、名前と違って腎臓と直接の繋がりはない器官です。腎臓は泌尿器なのに対し、副腎は内分泌器なので分野も違います。
副腎結核は慢性副腎不全(アジソン病とも呼ばれる)を引き起こす要因となります。ホルモンの分泌に異常をきたし、症状としては全身倦怠感、色黒、体重減少や食欲不振、低血圧や低血糖などがあります。発熱などで強いストレスがかかると、急性副腎不全を引き起こす恐れがあります。急性副腎不全は最悪の場合死に至ることもある為、早急な治療が求められます。


sponsored link



【結核.com】TOP

copyright©2013  【結核.com】〜肺結核の症状・予防・治療〜  All Rights Reserved